株式会社ASICON
ホーム
ASICONについて
ニュース
製品とサービス
サイトマップ
お問合せ
マイクロ流体デバイス
Microfluidic Devices
マイクロ流体チップ: 細胞・粒子のソーティング / Particle & cell sorting

microfluidic ChipShop GmbHのサービス詳細,マイクロ流体チップの事例はこちら

粒子や細胞の分離,分析,選別や収集ができ,顕微鏡で観察可能なマイクロ流体チップの例です。流体の注入には,脈動の無いFluigent製の送液システムFlow EZをお勧めいたします。

ソーティングに用いられるマイクロ流体チップ

Weir filterチップ / Weir filter chip

流路の高さが途中から低くなり,スリットの高さよりも大きな径を持つビーズや細胞等を堰き止めることができます。1枚のチップに4本の流路が備わっており,スリットの高さは5 μm,10 μm (x 2),20 μmの3種類です。


Weir filterチップ [220]

Weir filterチップ[220]
流路は4本あり,スリットの高さは5 μm,10 μm (x 2),20 μmの3種類

Weir filterの堰き止めコンセプト

Weir filterの堰き止めコンセプト
粒子が進むにつれて流路の高さが低くなる。スリット幅より小さな粒子は通り抜け,大きな粒子は堰き止められる。


スパイラルソーター / Spiral sorter

Dean force と呼ばれる力により,粒子のサイズに従って螺旋構造に沿って分離されます。異なるサイズの粒子を含むサンプルは中央の入口から注入され,粒子サイズごとにそれぞれ別の出口ポートに到達します。流路サイズ,螺旋の数,曲率半径が選別能力に影響します。


スパイラルソーター[382]

スパイラルソーター[382]
1枚のチップ上に4種類のユニットがあり,それぞれ流路の幅と深さ,螺旋の回転数,出口ポートの数が異なる。

スパイラルソーターの分離コンセプト

スパイラルソーターの分離コンセプト
粒子のサイズによって螺旋構造にて配列され,それぞれ異なる出口ポートに到達する。
アプリケーションノート


シース流チップ / Sheath flow chips

側方流路を通って中央流路に流入する2つの流れがシース流(sheath flow)を作り,サンプル粒子を直線的に配列します。


シース流チップ[283]

シース流チップ[283]
カタログには,流路幅や流路の深さが異なる4種類のデザインを掲載している。


シース流による分離コンセプト / hydrodynamic focusing

シース流による分離コンセプト / hydrodynamic focusing
中央流路に対してシース流が側方流路から加わることで,単一粒子の観察を行うことができる。

カタログと送液装置

上記記載デザイン以外にも,様々な種類のソーティングチップを御用意しています。詳細はLab-on-a-Chipカタログを御覧ください。


Lab-on-a-Chipカタログ

Lab-on-a-Chipカタログ
microfluidic ChipShopのマイクロ流体チップ標準品,アクセサリ類に加えて,周辺装置やチップを使用したアプリケーション例,カスタマイズデザインのチップ作製時の留意事項等を掲載している。

Fluigentの送液システム Flow EZ

Fluigentの送液システム Flow EZ
脈動の無い非常に高精度な圧力を供給できる送液装置。流量センサと組み合わせることで,長時間にわたって一定流量で試薬を送液することができる。
■ 詳細ページ: 圧力制御式送液システム Flow EZ